制服記

シティガールたちよ。

あどべんちゃー

 

人に好かれることは人にとって都合が良くなることだからコントロールできる。

そんなことを前書いた。

1人の人に好かれようとすることは、その人にとって都合が良くなること。それがそのまま都合の良さだったり、安心だったり。

安心したくて安心させたくて、後悔するくらいなら賢くいい時間を過ごしたくて過ごしていたらだいぶ落ち着いた生活になっていたみたいだ。

とはいいつつ、大人しくしてるのまだ1/4年も経ってない。迷惑はかけるし、常識的によくないことするし、心配させるし。と書いていて気づく、いつのまに私は誰かのために生きているんだろう。あの子に読まれたらまた彼をけなされそうだけど、ちがうよ、彼の問題じゃなくて、基本私の問題だからね。と一応言っておく。

 

私はいつでも私の美意識が大事で、それが何かと思えばただのプライドな気がする、プライドごときに私の人生全て持っていかれると思ったら悔しくなるんだけどそれでも怠惰に落ちきるほど私は強くないし弱くないんじゃないか。

私の言葉はだいぶ戯言だと思われてると思う。先ほど言及したあの子は過剰に私の言葉を大事にしてくれていてそれもそれで申し訳なくなるんだけど。

複数のひとを同時並行で愛するってあまりないんだろうか。何が悪いの?ってしょうもない開き直り。すきな人に会いたい、すきな人と一緒にいたい、近くにいたい、知りたいよ。一番純粋だからこそ厄介な気持ちでしょ、「だってすきになっちゃったんだもん」が美化される世界だよ、それでも本当に美しいのだろうか。

誰が上とかどうとかそういうことじゃない、私はみんなすきなの。「安定があってこその遊びでしょう」って言葉響いたな。そうだよ結局私は無い物ねだり、無い物ねだりでいいと思ってたの、それが私を動かすものだった。でもその言葉をもらってそんなことない気がした、無い物ねだりって格好悪いんじゃない?だって、本当に大事な人のこと悪く言って、すきな人のこと称賛してもらって、やってることめちゃくちゃ。違うの、私はどっちがいいとかどっちがだめとかじゃなくて、違くて。わがままなだけ、私は不安定が嫌いで不安定があってほしい。たかが数ヶ月常識っぽく生きただけで、自分がつまらなくなったとか、刺激が足りないとか、どれだけつまんないのよ私自身が。

でもずるいよ、私が遠く行っちゃうんですねと言ったら「離れちゃう、、」とかそういうくらいの男のほうがよっぽどつまんないよ、いつも適当なくせにちょっと私の言いなりになってみたり真剣ぽく遊んでみたりそういうほうがずっとずるい。彼とは逃避行みたいなことしてもダサくならない気がする、まるで小説にできそう、そんな気がしちゃってずるい。彼の着物姿も、ご飯食べるとこも、全部みたい、というか彼が私を思ってしてくれる行動全部みたい、独り占めしたいとか言っちゃお。はいはいわかってます、彼の行動言葉全部適当だよ、彼のことなんて読めないよ、どうせ気が向いたくらいだよ、それでもいいけど私まだすきでいるからね。

彼のことばかり綴りたくなるのも日々があってこそです、どうせそんなものです、日常愛してるよ、そして非日常も愛してる。