制服記

シティガールたちよ。

ゆあがりにこいごころ

 

信じていたのに、そんな無責任な話はない。

そうだとわかっていても期待し、信じ、崇拝し、投影し、生きる糧にする。そして、ある日絶望する。

恋も、友情も、信頼も、崇拝も全部そうだ。

 

どこかでずっと期待している。

どれだけ適当に扱われてもいいと言いながら自分を見てくれなくなったら嫌いだと叫びたくなる。好きではないと言いながら失恋する。自分と大して変わらないと思いながら完璧を願う。

不都合をみたときには、現実逃避する、現実を歪めて解釈する、あきらめる、嫌いになる、強がる、切り替える、どうしようか。

誠実に向き合ってもいないのに誠実を求める。与えなくても与えられたいと思っている。完璧じゃないところが好きなんて言うけどそんなのは嘘だった。

 

最初からずっと夢を見ていたのかもしれない。そこにはロマンスも情愛も特殊もなかったのかもしれない。

あきらめてもいい、嫌いだと嘘をついて情けなくてもいい、強がってもいい、けど、愛していたい。いくら完璧じゃなくても裏切られてもそれでも愛したい。大好きだとか言って泣きたい。

はじまりも、経緯も、別れの理由もなんだっていい。ひとが誰かとつくる関係はいつだって特殊で変で理解できないものでいい。正しさを求めなくてもいい。嫌い嫌いと言いながらすきでも、どんな扱いを受けてもすきでいても、すきといいながら嫌いでも、あきらめて愛してもいい。

 

信じていたのに、愛していたのに、いまでもすきなのに裏切られても好きでいたい。

不変はない、いつか変わる、そのときを待ってもいい。影響し合い続けられる限り、終わらない気がする。

たった一瞬の、いつもと違う表情で言う言葉だけを信じて夢見たっていい。