制服記

シティガールたちよ。

べらんだからのぞくはなきんなど

 

変化を恐れて進む私、すっかり澄んだ空気、21時半帰宅の飲み会、高い高い月、オリオン座、見ないストーリー、すきなひとに会えない金曜日。

 

 

「それみんなあなたに言ってたことじゃん」

「いやだってお前らだって俺と同じことしてるだろ」

 

いくら言葉が正しくたってその言葉だけじゃ説得力はもたない。

前に言われた「その言葉自体については考えてもいいんじゃない」という言葉、受け売りで渡したりもしたな、そうじゃないよな。

人間誰一人として同じ状況にいないから、恋人がいるっていったって月2で会うのが普通のひと、週2会わなきゃ寂しくなるひと、2ヶ月会っていないひと。

その言葉を信じられるのは、私にないものをあなたは持ってるからかもしれなくて、私が信じている言葉は、私の周りに支えられているかもしれなくて。

トレードオフ、何かがあれば何かがない、かもしれないし、そういうもんじゃなくて何でももっているように見えるひともいるかもしれないけれど、それでも全てはもてない、競争に巻き込まれている限り。

大学4年次暇なんて大学に行く意味ない勉強しろ、という意見と、今しか遊べないんだから遊んどきなさい、という意見は相反するものじゃなくてただの無い物ねだりな気もする。すきなほうを信じ選んで否定だけはしなければいいんじゃなかったっけ。

無い物ねだり、永遠に上を目指すこと、続ける限り満たないかもしれない。

生活を犠牲にしてまで無給で仕事ができる彼、寝たい時に寝ないとだめでお金あっての仕事を求める私、何かを犠牲にして達成感を得る彼、全ての総和で幸福度を上げる私。ただの選択肢だ。

就活に必死になってる私のとなりで彼はすきなことをして就活で楽しそうに語るんだろうな、就活で効くのは没頭したエピソードなんだって、皮肉。なぜ没頭しなきゃいけないの?マルチタスクできるのも能力でしょ?人間磨くのもひとつでしょ?人間磨いた結果なんてただの捉え方次第で変わってしまうものでしょ?遊びきったことだって才能でしょ、空気を読むのも、気を使うのも、相手を思うのも、自分に絶望するのも、孤独で泣くのも、日々の生活を慈しむのも、だからそういう言語化して人に誇るようなことじゃないすべてだって人間を大きくつくるし成果じゃないの、ねえねえ、評価されたいよ、評価なんてされたくないよ。

彼に勝とうってあがいたって、誰かと同じ土俵で戦おうったって無理なの、同じ土俵に上がろうとしてるのが負けなの。だからね、いいの、尊敬されるとかされないとかじゃなくて、私がしたいことを私らしく私のすきな私でいられるように輝けばいいの、それだけだ、それでいいよ、どうせあとからみんな私のこと褒めるんだ。

 

どうしようもないときはもっとめちゃくちゃになりたくて、彼を望んでしまう、私の憧れのひと、総合的に憧れられるひと、だめなところを含めてすきなひと、いまは連絡を取らないひと。

金曜日だけは偶然会えるかもしれないのに、明日のために帰る私はすこし大人になれてるのかも

彼とお揃いのたばこは残りたったの2本。

飲み会帰りの服はいつもたばこ臭いから吸ってもいいかとか思う

彼がたばこを吸う女の子は嫌いって言うからこの箱で終わりにしようと思っていたのに、そんな彼を思い出したくてまた買ってしまいそう

嘘みたいな、夢みたいな思い出が私を救ってくれたりするの、過去に縋るなんてと前に進んでいた私を過去が動かしてくれたりする、動かしてくれてる?束縛してる?

彼がずっとこの銘柄を選べばいいのにとかまだ思ってる。

 

私ならどんな世界だって見れるよ、いま世界にないものを広げたいなら自分がその世界に入り込み楽しむしかないんだよ。前例はない、だからこそ世界を作れるの。

いいんだ彼に会えなくても、自分で最高の金曜日にできるはず。