制服記

シティガールたちよ。

そうはんといわかん

 

やればやるほど、自分の不出来さは露呈するわけで。だからこそやったほうがいいわけで。

 

将来のことを考えるほどいまに縋りたくなって、いまに集中するほど将来が切迫する。

一瞬だけ光る確かな物だけが確かなものにみえて確実に不確実なものを永遠にしたいと願ってる、みんな。

親身にはなれど、分かったような発言をしちゃいけない、難しいねえ。

分かられたくなくて、分かってくれる人がいて安心して生きていけるような気がする。

リアルを落とし込むのなんて音楽だけでいいんだよ〜ってそうだよ、すべてにやってられないよねえ。

分かった気になってどうせ分かれてないけど分かった気になること、それすらも認めて愛してくれるんだって、ヒーローならそうしてくれるんだって勝手に理想をつくるわけ、そうやってヒーローを愛するの。

彼に教えてもらった音楽は誰とも聞く気になれなくて一人で聴きたいけど、いまごろ全然ちがう音楽でも聴いてるんだろうか

リアルに近づけども解決できないところまできたときにはどうしようか、とかいうのは解決するのがめんどくさくなってる証拠。

暗号のような文を、分かってくれる人に出会いたかったり、誰でもいいわけじゃなかったり、近いひとならいいわけでもなかったり、遠いひとが書いたものでさえ共感なんて軽々しく言えないんだから。

人称をごっちゃにするのも自己顕示欲と相反する自意識ゆえだよ?ほらほらまたやって、諦めなよ。

あの人の文をみるとなんでも許されて、なんでもかっこよくなる気がして、時々覗く、10/24最終更新。私の文章みてください、というメッセージをこっそり送る場すらないのがあの人らしい。本当は見られなくていい、彼のみたいところだけみていて、彼もまたみたい時にみにくればいいように、そんな感じ。

見てないフリして進むのと、見えなかったからって進むの、どちらも進んだところは同じ、言い訳などいらないでしょ。

 

そういえば、この前言われた「バカなふりできるから向いてるよ、私まだどうしてもできないもん」というの、嫌味だったか褒め言葉だか。どちらでもいいのよ、バカに見えようがどう思おうが。ということなのですが、いつまでこれやるんだろうな。